素敵な彼氏が欲しくて頑張る私のブログ

ツイッターが好き、男っぽいと言われる、テレビ大好き、年の離れた兄が2人いる、英語が得意

やっぱりBOWWYは最高

最近、BOWWYを聞いていませんでした。でも、それが普通かもしれません。なにせ彼らが活躍した時期は、今から30年前ですからね。でも、サウンドを聞いて、古いと感じないのは、凄いと思います。歌詞は、チャラいというかバブルというか不良が多かった時代だとは感じますけどね。

 

自分も現役のBOWWY世代ではありません。勿論、知っていいたのは知っていましたが、解散以降によく聞くようになりました。だいたい音楽をよく時期って、中高生ですからね。もしくは、20歳前後だと思います。BOWWYというネーミングは、暴威という語源からきたと言われているように、破壊的な音楽も多いです。ちなみに、ボーカルの氷室京介は、RCサクセションに強く影響を受けたと言っています。RCサクセションというかそのボーカルの忌野清志郎も破壊的というか風刺的なボーカルでした。

 

最近のロックって、洗練されたし、リズムというかサウンド的にも優れていると思います。ただ、記憶に残るというか印象的に薄いようにも感じるのです。ロックはそもそも不良がする音楽であり、ビートルズが、やり場のなさや貧しい境遇から作り出したと言われています。ビートルズも聞いたし、色々なロックを聞いてきました。けれども、BOWWYって凄いなと感じます。破壊的というか脳天直下というか、それをDJ加工したミュージックは、まさに21世紀でも通用するなと思いながら、最近再び聞いています。