素敵な彼氏が欲しくて頑張る私のブログ

ツイッターが好き、男っぽいと言われる、テレビ大好き、年の離れた兄が2人いる、英語が得意

新宿の新しい耳鼻科に通い始めました

最近、新宿の新しい耳鼻科に通うようになりました。アレルギー性鼻炎がなかなか改善されず、耳鼻科通いがやめられません。ずっと通っていた耳鼻科が夜間やっていないので困っていたのですが、友人から新宿で夜間もやっている耳鼻科があると言う話を聞き、次からはそちらに通うことにしました。

以前通っていた耳鼻科は特に良くも悪くもなかったのですが、友人からすすめられた夜間もやっている耳鼻科はとても良いですね。先生にアレルギー性鼻炎でずっと悩んでいることを相談したら、すごく相談しやすかったですし親身な感じがして好感を持ちました。

この耳鼻科ですが駅近くにあり、とても便利です。こんな良い耳鼻科が新宿にあったんだなと驚いています。もっと真剣に良い耳鼻科を探せば良かったなと思いました。以前通っていた耳鼻科はけっこう適当に選んだ耳鼻科だったのです。

友人が言うにはこの耳鼻科の評判が良いらしく、私もすぐに気に入ったので評判が良いというのは本当だなと思いました。自分が納得できる耳鼻科を知ることができてラッキーです。

アレルギー性鼻炎はただ薬を飲んでいれば良いというわけではないので、常に部屋の中を清潔にしています。織物のソファーや絨毯、畳などは避けるようにしていますし、枕に防ダニカバーをしています。こういう努力をしているのですが、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状がなかなか良くならないんですよね。

自分はそういう体質なんだと思い諦めようと思う日もあるのですが、諦められずなんとか改善しないかなと思って耳鼻科に通って抵抗しています。いつか治る日がくるといいなぁとあまり思いつめずに考えています。

仕事が忙しい時に鼻炎の症状が強くなると、本当にイライラしてしまうんですよね。そういうことも耳鼻科の先生に相談したら気持ちを理解してくれました。「頑張って治しましょう」と前向きに言ってくれたので、頑張ろうと思います。

たくさんある耳鼻科のなかから良い耳鼻科を見つけることってかなり大変なので、友人から教えてもらって良かったです。自分ではなかなか見つけることができませんよね。実際に通ってみないとどんな耳鼻科かわかりませんし、通った人から「ここの耳鼻科がいいよ」と教えてもらうのはすごくありがたいです。

しばらくはこの耳鼻科に通うことになりそうですね。鼻炎の症状が少しでも改善されたら、すごく嬉しいですね。夜、症状に悩まされずにぐっすりと眠りたいです。新しい耳鼻科に期待をしています。

自分自身の離婚を教訓にして友人には後悔なく!

私は今から7年前に離婚をしました。当時は30代だったこともあり、奥さんとの離婚をとにかく早急にしたくて、急ぎ過ぎたことが災いして、イーブンで離婚できるところが、完全に私が金銭負担をかなり伴う形で離婚をする運びになりました。

後で後悔しましたが、後悔先に立たずで、この7年間を過ごしてきました。
先日、私の大学時代の友人から奥さんと離婚を考えていると言う相談をされましたが、彼にアドバイスしたのは、とにかく慌てず、急がず、離婚相談する場所も充分吟味をする必要があると、話しました。

彼自身も私の離婚問題を一から見ていたので、きちんとした場所で相談をして、決して自分が損をしない離婚の形を選びたいと言う事を言っていました。
彼の奥さんはお金にだらしの無い方だったようで、彼に内緒で二人の預貯金を使い果たした上に、更に借金をして、異性にお金を貢いでいたようで、これ以上の夫婦生活は無理だと言う判断をしたそうなのですが、聞けば聞くほど、状況が酷かったので、とにかく上手くいくと良いなという風に思いました。

そこで、お勧めさせていただいたのは、男性のための離婚相談をしてくれる弁護士さんです。男性向け弁護士さんはその名前の通り、男性側に立って、離婚相談に乗ってくれるところなのですが、会社の同僚が男性向け弁 護 士さんに依頼をして、理想的な離婚ができたと言う事を聞いたので、友人にもそちらをお勧めさせてもらいました。とにかく円満に離婚が進むことを願っています。

やっぱりスマホを使いこなせない

使いこなす自信がなく、なかなかスマホデビューできなかった私も、ようやくスマホを使い始めました。

いろいろな機能を持つアプリを使えば、生活が便利にお得になる、という知識はあるものの、

何をどう使えば良いのか分からず、アプリというものはほとんど使っていません。

情報収集には欠かせないというツイッターのアカウントだけは作ってみましたが、必要な情報を見つけるのも簡単ではありません。

せっかくアカウントを作ったのだから、何か呟いてみようとは思うものの、引きこもり気味の主婦の生活には呟くべき出来事もないようです。

先日、散歩の途中で、完全室内飼いが増えた最近では珍しい、外飼いの猫を見かけました。

野良猫とは違って警戒心がなく、近付いても逃げずに撫でさせてくれます。

家に帰って、こういう猫の写真を撮って、ツイッターに投稿すれば良いのか、と思い当たりましたが手遅れ、SNSは向いていないのかもしれません。

先輩たちとボードゲームをした

今日は会社の先輩数人と一緒にボードゲームで遊んだ。普段先輩方は月一回くらいで集まって遊んでいるみたいで、こんかいはそれに混ぜてもらった形だ。

言われた駅についたら先輩が来るまで迎えに来てくださって、近くのネットカフェへ移動した。はじめの数時間はそこにある卓球台を借りて卓球をした。この日は何も考えずに革のブーツで来てしまっていたので、運動するのに難儀した。だんだんどうでもよくなって、ブーツは脱いで裸足で卓球をしていた。

卓球が終わったらその後は近くのうどん屋でみんなでうどんを食べて、そのあと別のカフェへ移動した。

各々で一杯飲み物を頼み、持ちあったボードゲームで遊んだ。同じボードゲーム好きでも持ち寄るゲームには個性がでる。先輩方は頭を使う系のゲームが好きで、僕はわいわい盛り上がる系のゲームが好きだ。普段やらないゲームを遊ぶことができてとても新鮮な体験ができた。

2012年式のヴォクシーから乗り換え

子供が成長して私の車に乗ることがなくなってきたので、もっと燃費が良くて小さな車に買い換えたいと考えていました。乗っていたのは2012年モデルのヴォクシーXです。買い換える車はホンダの軽自動車と決めていたので、ホンダの販売店で下取りしてもらえばいいかなと考えていました。 


ところが、独立して車買取店を営んでいる夫の中学時代の友人が「買取店に出した方が高く売却できるよ」と教えてくれました。話半分で聞いていましたが、ネットで ヴォクシーの買取り相場と査定価格を下取りの場合と比較~5年落ちと10年落ちの事例という記事を読んだり、その後夫がその友人から直接色々な話を聞いてきて「確かに車買取店に出した方がいいかもしれない」と考えるようになりました。しかし、次の車を買う予定の販売店で下取りしてもらえば手続きが面倒ではないだろうという気持ちもあり、最終的には売却額の差を見てから判断することに。 


ホンダの販売店の下取り価格は、営業の方曰くギリギリで75万円とのこと。ちなみに6年落ちで走行距離は47,000kmでした。「少なくとも88万円まで頑張ってもらわないと」と交渉を頑張ってはみたものの、その金額が限度でした。一方、夫の友人の買取店で査定された金額はなんと93万円だったのです!その差は13万円。「違いはあってもせいぜい5万円とかだろ」と言っていた夫もびっくりの差でした。


私はその差に嬉しくなり、買取店での売却を即決。手続きはそん友人が手際よくやってくれたので私たちは楽なものでした。売却したヴォクシーはホワイトだったのですが、他色の場合には5〜10万円安くなってしまうのだそう。ホワイトにしておいてよかったなあと貧乏根性丸出しでした。 


家族で乗るためにはヴォクシーはサイズ的にもちょうどで使い勝手が非常に良い車でした。その分ファミリーカーとして人気が高く売却額もそこそこになるのでしょう。ヴォクシーを購入する際に他のもう少しマイナーな車種とも検討したのですが、これだけの金額で売却できたのですから、改めてヴォクシーにしておいてよかったなというのが正直な感想です。乗っているときはどこへ行ってもヴォクシーだらけで嫌だなと思ったこともありますが、それだけ人気だということです。中古車で購入する方も多いからこそ高く売却できたので、今後も人気車種を乗り継いで行こうと思いました。

一瞬でタイムスリップ

久々になんにもすることがなく、どうしようかと数分でぼーっとしていた。

ふと、音楽でもかけてみるかと思い携帯から鳴らす。邦楽、洋楽、ロックにバラード、たくさん流して気づいた。こんなに長い付き合いの音楽たちですら、知らないことが多い。その時の心の状態で聞こえ方が全く違うものだなと思い知らされる。聞いてるようで聴いてないメロディーに、読んでいるようで読んでいない歌詞。いまは時間を持て余している。ならば、どっぷり浸ってみようではないか!というわけで、まず。横になりメロディーに耳をすます。このメロディが自分は好きなんだよなぁと自分好みのメロディを再確認。次に歌詞をじっくり味わう。一体何について書かれたのか、どんなシチュエーションなのか、心境は?そんな事を考えながら一曲一曲を堪能してみた。自分がその歌をメインに聞いてた時の心情もありありと蘇ってきた。

ちょっと懐かしい気持ちと物寂しさに浸った日だったな。

昔とは全く違う雇用形態について

最近、70代の人が就職活動をしていると言うニュースを見ました。その方は60代で、デパートの消費者サービスセンターで仕事をしており、70歳までその仕事を続けるつもりだったようです。しかしデパートから契約は65歳までだと言われ、70歳まで仕事を続けるつもりだった彼女には十分な蓄えもなく、年金も数万円だったため、そこから就職活動をするしかなかったのです。

そのような年齢になってもで就職活動をしなければいけない、仕事を見つけなければ生活できない、と言う状態になっている世の中が恐ろしいです。確かに私たちの1世代、2世代上の人たちは年金でも毎月300,000円ほどもらっていたりするのに、私の世代は国民年金だとラッキーでも20,000円、30,000円程度なのではないでしょうか。年金だけで生活していくなんてとんでもない時代になります。しかも給料もわからず、貯金をするのも大変な時代ですよね。ですから今後は歳をとってもお金を得るための技術や術が必要になるのだなと思います。

ちなみにニュースで見たその方は薬剤師の免許を持っており、薬局で仕事が決まったそうです。しかしアルバイトですからそれだけでは収入が足りず、二箇所で掛け持ちをして何とかやりくりをしているそうです。それでも仕事が見つかって良かったと思っています。