読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な彼氏が欲しくて頑張る私のブログ

ツイッターが好き、男っぽいと言われる、テレビ大好き、年の離れた兄が2人いる、英語が得意

歯の白さをどこまで求めるかでホワイト ニングが変わってきます

ホワイト ニングと聞くと単純に歯を綺麗にして白くするということを考えるとは思われますが、実際にどのようにして歯を白くしていくのかについてはあまり理解されていないのではないでしょうか。ホワイト ニングとは歯のエナメル質に作用することで、歯についてしまった色を取り除き白くすることになりますが、基本的に歯医者さんに行くことからそれは始まります。

歯医者さんで行われることとしてはまずカウンセリングからになりますが、これはホワイトニングの効果をどこまで望んでいるかなど詳しいことを患者から聞かなければいけないこともあり、またその際には現在の歯の状態を撮り、そこから施術後どのくらい変わるかを比較していくことになります。ちなみに施術としてはまず歯の表面を過酸化水素が含まれるホワイトニング剤を使用してレーザーを照射していくというオフィスホワイトニングというのがあります。

化学反応を用いることで短時間に歯を白くさせるという効果がありますが、1時間程度を3回くらいの施術回数となっております。ホームホワイトニングでは歯に被せたトレー内で少しずつ過酸化水素を使用して2週間くらい続けていくことになります。最後に神経治療された歯などの変色による被せ以外の歯に、穴を開け過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを詰め少しずつ歯を白くするという施術もあり、こちらは数回の治療が必要になります。これらの施術は自分がどの程度の歯の白さを求めているのかで変わってきますので、その辺りから踏まえ医師と相談するといいのではにでしょうか。