素敵な彼氏が欲しくて頑張る私のブログ

ツイッターが好き、男っぽいと言われる、テレビ大好き、年の離れた兄が2人いる、英語が得意

離婚の慰謝料について

離婚するとき、慰謝料はどのくらいになるのでしょう?

例えば不倫の場合、気になりますよね。

慰謝料の相場は一般的に50万~300万だと言われているそうです。しかしご自身のケースではよくわからないという方もいらっしゃると思います。

浮気・不倫の不貞行為において、慰謝料はいくらぐらいになるのかを探っていきましょう。

 

まず最初に、慰謝料には明確な基準がないことをご理解ください。50~300万円というのはあくまで目安です。

慰謝料とは、妻ないし夫が妻ないし夫から、またその浮気相手から精神的苦痛を受けたことに対して支払われるお金です。あなたから精神的苦痛を受けたのでお金を払ってわびてください、ということですね。夫や浮気相手に慰謝料を請求することは、不法行為に基づく損害賠償請求として認められています。つまり、正当な法的行為だということです。しかし慰謝料の金額、実は、明確な基準があるわけではなく、ケースバイケースとして決まることが多いのです。

 

そのため、過去の判例(裁判における、過去の裁判の判決のこと)などを参考にして、慰謝料の金額は、単に浮気をしただけなら、つまり離婚も別居もせず、夫婦関係を継続していくなら50~100万円、浮気が原因で別居にいたったなら100~200万円、離婚に至った場合200~300万円程度が相場になります。金額にかなりばらつきがありますね。一般に、浮気・不倫による損害が大きければ大きいほどお金が支払われるということがよくわかると思います。皆さんも気を付けてください。

 

ただし、何度も言うように上記の慰謝料はあくまで目安となります。このことは理解しておいてください。たとえ離婚した場合においても、離婚したから200万円は絶対払われるということではないということです。このことを理解しておかないと後悔することになります。

 

また、裁判せずに相手と話し合いで決める際にも、この相場のようにいかないことを理解しておく必要があります。話し合いでは、早期解決や精神的な損害を考慮して値段を決めることが多く、そのため離婚に至らない場合でも離婚と同等の金額を支払って解決に至る場合も存在しています。また、裁判に至らずに解決するためお金は多くなる傾向も存在しています。

不安な人は事前に不倫慰謝料請求相談センターなどに相談してみるとよいでしょう。